読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主夫の「毎日が男の料理だ」

アジアごはん大好き主夫の日常 アジア料理やランニングとたまに育児家事

エスニックな調味料「ナンプリックパオ」どう使う?

オリジナルレシピ
アジアエスニックの調味料として一番ポピュラーなのはナンプラーで間違いない。そのナンプラーと中華でもよく使われるオイスターソースは常備しているという前提でプラスαのエスニック調味料とその使い方を紹介したい。
 
第2回目は「ナンプリックパオ」だ。
干し海老やにんにく、唐辛子などを使ったちょっとクセのある旨みたっぷりの調味料。チリインオイルとも表記される。

 

メープロイ チリインオイル(ナンプリックパオ) 250g

メープロイ チリインオイル(ナンプリックパオ) 250g

 

 簡単なレシピとしては

ナンプリックパオ3:ナンプラー3:砂糖1

を合わせておいて、一口大に切った鶏肉(ムネでもモモでも可)と玉ねぎ・ピーマンなどの野菜を炒め、最後に合わせ調味料を加えておしまいというなんとも簡単なもの。乾煎りしたカシューナッツをいれるとタイ風鶏とカシューナッツ炒めだ。

簡単にアジアンな炒め物が楽しめる。
f:id:shounenajia:20141007204720j:plain
ごはんはもちろん素麺にぶっかけても美味だ。
 
あとはカレーの隠し味にも最適。我が家は子どもがいるので週一回くらいカレーを作るのだが、もちろん子どもに合わせて甘口だ。大人には少し物足りないのでそんな時は1人前に対して小さじ1/2程度のナンプリクパオを加えると旨みと辛味がアップするし、大人の味になる。
 

参考分量(2人前)

  • 鶏肉(モモ・ムネ・挽肉どれでも)・・・250g
  • 玉ねぎ・・・1個
  • ピーマン・・・2個
  • ナンプリックパオ・・・大1.5
  • ナンプラー・・・大1.5
  • 砂糖・・・小1.5

つくり方

  1. 鶏肉・野菜を順に炒める。
  2. 火が通ったら調味料を加えなじませて完成。

作り方も簡単だ。