読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主夫の「毎日が男の料理だ」

アジアごはん大好き主夫の日常 アジア料理やランニングとたまに育児家事

完成への道のりはまだまだ険しい 自家製バクテー(肉骨茶)

シンガポール料理

f:id:shounenajia:20150519115119j:image

今回のバクテー(肉骨茶)は醤油ベースで作ってみた。
いままでは香辛料を出汁袋に入れて煮込んだが、今回はブラックペッパーのみ荒く砕いてそのまま投入という作り方。
 

まずは材料

  • 豚スペアリブ・・・約1キロ
  • ニンニク・・・1かたまり
  • ホールブラックペッパー・・・5g
  • しょうゆ・・・50cc
  • 水・・・1.5L
  • スターアニス・・・1かけ
  • シナモン・・・1本
  • グローブ・・・4,5個
 

作り方

  1. 鍋に湯を沸かしスペアリブを茹でこぼす。
  2. ブラックペッパーを荒く砕き、ニンニクは皮ごと、香辛料は出汁袋に入れ、水、しょうゆに1のスペアリブを加え2時間ほど煮込んで完成。
 
出汁袋に入れずに荒く砕いたブラックペッパーを入れるとやはりダイレクトに辛さを感じてしまう。そして自家製の香辛料ブレンドでは味に深みが足りない。不味くはないのだが

shounenajia.hatenablog.com

 
こちらの商品を使ったときと比べると全然違う。しかも弱火でじっくり茹でたはずが肉・ニンニクともに前回よりも固い・・・。やはり香辛料は出汁袋に入れて、茹で方も45分茹でて30分以上寝かすという作り方の方ががいいのかもしれない。茹でこぼす必要もないのかな。あぁこんなことなら美味しかったバクテーの素を一度袋から出して中身を見ておくんだった!
 
次はKALDIで新たに買ったバクテーの素を試してみよう。