読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主夫の「毎日が男の料理だ」

アジアごはん大好き主夫の日常 アジア料理やランニングとたまに育児家事

やはり西葛西は東京のリトルインディアだった!アムダスラビーで南インドのランチビュッフェを堪能!

f:id:shounenajia:20151101214548j:imagef:id:shounenajia:20151101214522j:image

ようやく訪れることができたアムダスラビーの土日限定のランチビュッフェ。カレーやナンがお代わり自由のところは数あれど南インド料理をビュッフェ形式で食べさせるところはインド料理屋が多い西葛西と言えどもこの店だけだ。
 
1200円で2種のカレー、ナンみたいなパン(メニューではうずまきパン)、2種のスープ、ワダ(甘くないドーナッツのようなもの)、炒め物、ライスにデザートまで食べられる。

f:id:shounenajia:20151101214529j:image
 
土曜日の13時過ぎ、店内はインド人カップルとファミリー、そして日本人でいかにもインド料理好きです(もちろんぼくも含めてね)と言った男女計5人。
 
f:id:shounenajia:20151101214543j:image
 
オススメはライスに豆とほうれん草のスパイシー炒め、そしてチキンカレーの組み合わせ。カレーはもちろんだけどこのスパイシーな炒め物がとまらないんだ。インド人のカップルやファミリーはこの皿を本当に上手に手で食べる。そういった風景も含めやっぱり西葛西は東京のリトルインディアだと実感。平日のランチタイムとは明らかに異なった時間が流れている、そう本当にインドの食堂で食事をしているみたいに。