読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主夫の「毎日が男の料理だ」

アジアごはん大好き主夫の日常 アジア料理やランニングとたまに育児家事

トップバリューのミーゴレンとインドミーのミーゴレンを食べ比べ

インドネシア料理

f:id:shounenajia:20160320065832j:image

f:id:shounenajia:20160320065839j:image
 
 イオンのPBトップバリューの世界を旅する食卓「ワールドダイニング」シリーズからミーゴレンと輸入食品インドミーのミーゴレンと食べ比べ。ちなみにイオンの中に入っている輸入食材店にて購入。
 
イオンのワールドダイニングシリーズのカップ麺タイプはグリーンカレーヌードルととトムヤムヌードルとミーゴレンの3種類。その中からミーゴレンが一番無難そうだったため選択。

実食

イオンの方はまぁ無難な味ですね。なんとなく雰囲気は出てるし、甘さと辛さが程よい感じで食べやすい。

f:id:shounenajia:20160330093414j:image
f:id:shounenajia:20160330093422j:image
対してインドミーの方は味が濃い。辛さはそれほどでもないが野菜などの具を足したらいい感じになるのではないか。

結果

手軽にミーゴレンを食べるのならば軍配はインドミーかな。
インドミーの方がよりチープな感じがしっくりくる。
イオンの方はちょっと上品に作りすぎた感がる。
両方ともに100円未満という価格なのでジャンクでチープな感じの方がイメージとはあっている。野菜を足したり麺を足したりアレンジしたら美味しそうという点もポイントが高い。
 
それでもイオンがアジアンメニューに力を入れてくれるのは嬉しい。冷凍のご飯物は種類が多いので他にもいくつか試してみようと思う。