読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主夫の「毎日が男の料理だ」

アジアごはん大好き主夫の日常 アジア料理やランニングとたまに育児家事

蕎麦だけでお腹いっぱいになれる「俺のそば」! 銀座まで往復19キロのランランチ

f:id:shounenajia:20140610150326j:plain
「蕎麦腹いっぱい食べたいなぁー」
ホントに時々思う。多分学生時代のバイトの思い出があるからだと思うんだけど。
そのバイトでは「ウチは蕎麦だけは食べ放題だからいっぱい食べていいよ」と言われていた。遠慮もせず1回で普通の大盛りの3倍くらい食べてたなぁー、しかも週3で。
 
だって蕎麦屋で食べる蕎麦って量少ないよね?
何個も頼むと金額的にそれなら焼肉行ったほうがってなるし、最近はもっぱらうどん派です。
 
そこで俺のそばだ!
期待を裏切らない量(しかも大盛り100円増しでも600円)、さらに嬉しいのは海苔がたっぷりなこと。
これだけで「そばを食べたい!」という欲求をみたしてくれる。
 
一口食べる
だしが濃い、ご飯のおかずになるくらいだ。そして麺がしっかりしてる。
 
蕎麦について語れるほどの知識は持ち合わせていない。ただ薬味がたっぷりとのった蕎麦を腹いっぱい食べられるだけで幸せ!
無料の生卵を入れたらだしも随分マイルドになった。
 
向かいのおじさんと隣のおばさんは普通盛りだと思うがなんとか完食といった感じ。
それくらいの量がある。少なめもできるみたい(価格は同じ)だし、そのあたりはお腹と相談したほうがよさそう。
 
平日ではあるが12時10分くらい前に到着したが、並ばずに入れたのもポイント高い。
入れ替わりが多いからか。
 
でもだしが濃かったからか食後やたら喉が乾いた・・・。
 
繰り返すが蕎麦だけでお腹いっぱいになれる店「俺のそば」(しかも500円で)、次は夜行きたい。
 
 
 
f:id:shounenajia:20140610150339j:plain
 
今回はそんな「俺のそば」にランランチ。
 
先日の猛暑での60キロマラソンで後半完全にエネルギー不足になり、その時痛感したのは走りながら食べることの重要さ。
 
  1. 走っている途中にしっかり食べる。
  2. 食べたあとに走り出す。

 

この2点のトレーニングとしてrunランチはやはり最高だと思う。

だって前半は早く美味しいものが食べたいという気持ちで距離を全く感じない

そして後半はメンタルトレーニングだ!

 

でもココでは普通盛りにしとけばよかったかな?さすがにマラソン中にあそこまでお腹いっぱい食べないよね・・・。

 

立ち食いなのもランランチ的には最高でした。とりあえずランチやってる「俺の~」探そうか。