読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主夫の「毎日が男の料理だ」

アジアごはん大好き主夫の日常 アジア料理やランニングとたまに育児家事

JINSのファンになる

 

2本前のメガネからジンズで買ってはいたけれど、今回の件で次も(多分その次も)ジンズで買うのが決定。
 
最近メガネがうまくフィットしないので調整してもらいに近所のジンズへ。その日は平日の午前中ということもありお客さんは1人だけ。調整だけに来た旨を伝えるとちょっと待たされてから店員さんにメガネを預ける。かけ具合を見てからその場でチョイチョイとやるのかと思ったら、メガネを持ったまま奥へ行く店員さん。
 
5分ほどして戻った時は鼻パッドが新しくなってた!
 
しかもすげーシックリくる。
 
もちろん無料。確かにジンズで買ったメガネだけどそこの店で買ったわけではないし、暇な時間であったというのもあるだろうがナイスなサービス。しかも店員さんもすごく感じがいい。次も絶対メガネはジンズで買うぜ!
 
だけど酔っ払ってふざけてメガネの調子が悪くなったことは言えず、子どものせいにしたことはナイショです・・・。ゴメンよ息子。
 
それにしてもサービス業はやっぱり「人」に左右される。どんなに美味しい料理やいい商品だと思っても対応が悪ければ同じ所で買うことはない。もちろん価格なりのサービスというのは当たり前だ。ただ価格や商品性以外でバリューを感じさせるお店は行くのが楽しい。鼻パッドの原価はたかがしれてるからそれだけで1人客が増えれば安いものだろう。しかもメガネは定期的に買うし、家族に勧める場合もあるし。
 
今業績が悪いワタミやマックなんかはこういったサービスができない組織になってしまったんだろうな。