読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー主夫の「毎日が男の料理だ」

アジアごはん大好き主夫の日常 アジア料理やランニングとたまに育児家事

往復18キロRunランチ 亀戸天神橋際「菜苑」で下町の味 純レバ丼をかきこむ

f:id:shounenajia:20150606155529j:image

亀戸からも錦糸町からも歩いて10分以上と微妙な距離にあるラーメン屋「菜苑」。天神橋の亀戸側。まぁぼくの場合は走っていくので関係ないけれど・・・。

 

今日のめあては純レバ丼!ネットで見つけて無性に食べたくなった。名前にひかれるよ、純レバ丼って!

 

お昼は12時からの営業ということで13時前に到着。カウンターのみの昔ながらのラーメン屋。ランチメニューもあるよと言われたが注文は純レバ丼(1,100円)。厨房ではおねえさんがひたすらねぎを切っている。

 

で・・・写真をとったはずが保存されてない!

tabelog.com

見た目はねぎが大盛りでレバーが見えないくらい。初めの一口でねぎを食べたら辛かったが、ピリ辛に味付けされたレバーと混ぜて食べるとなぜかねぎの辛みは消えて美味しい。

ごはんの量もそこそこありピリ辛で濃いめの味付けのレバーとの相性もばっちりだ。

でも、ランチタイムでも喫煙可のお店、しかもランチが12時からなので早めに行くことも出来ないということを考えると次はないかな。(サラリーマン2人組がたばこを吸い始めた時にはあと2,3口で完食するところだったので何とかセーフ)

f:id:shounenajia:20150607171907j:image
↑ 純レバ自体は美味しかったので早速自分で作ってみた。
 なかなか美味しくできました!